私立の通信高校の特性

誰にでも等しく教育をという意味においては、通信高校は今でもしっかり機能しています。公立は経済的な理由や身体的な理由で高校に行けない生徒が生まれないようにするといった面では、本当に救いのある制度なのです。しかしいじめや不登校の悩みを抱えたことで通信高校をせんたくすることになった生徒にとっては、そのシステムが合っているとはいえません。公立の通信高校の限界がそこにはあります。そのため私立がそういった生徒たちの受け皿となって機能することになりました。私立は様々な試みに取り組んでいます。


<私立の特性>

通信高校はいじめや不登校によって従来の高校のシステムからこぼれてしまいそうな生徒たちに対しても門戸が開かれていました。しかしそのような問題を抱えた生徒の心の問題までは、公立のシステムでは救いの手は差し伸べられません。私立には生活指導から進路指導、心が抱えている問題にまでアプローチできるように、フォロー体勢を整えているものが出現しました。また通信高校のウイークポイントでもある自主学習の難しさにもフォローがあります。学費は全体的に高めになりますが、それだけフォローが大きければ、更に高い学費になる傾向があります。

Comments are disabled